一戸建てを購入するために

厚木エリアで一戸建てを購入する方法

神奈川県は川崎市や横浜市などのように、都心に近いエリアは人気が高いのですが、川崎市や横浜市以外にも人気が高いエリアに厚木エリアが在ります。
厚木エリアの中でも人気が高いのは、茅ヶ崎市から鎌倉市までの相模湾沿岸地域で、海まで歩いて行ける距離の物件などは人気が高めです。
海が見える家や海に近いエリアにある一戸建て住宅は、多くの人が憧れを持つとされており、海が見えるエリアは山沿いの地域などのように限られるものの、海に近いエリアは多く在るのが特徴です。

因みに、相模湾沿岸地域は比較的平坦な地域が多く在るのが特徴です。
七里ヶ浜や鎌倉などのエリアに行くと、山沿いのエリアになり、丘の上にある一戸建て住宅からは海を望める物件でもあります。
しかし、茅ヶ崎、辻堂、厚木などのエリアにおいては、土地が平坦になっていますので海に近くても、家から海が見える場所は海沿いのみと限られて来ます。

辻堂海岸や片瀬海岸などでは夏になると海水浴を楽しむ事が出来ます。
通常は電車やマイカーなどを利用して海に訪れるのですが、厚木の海沿いに住む事で、自宅から水着を着て海に遊びに行くことも可能になると言った利点も有ります。

所で、厚木で一戸建てを考える場合、このエリアはとても広い地域であり、まずは何処にある一戸建てを購入するのかを考える必要が有ります。
厚木エリアは海沿いのエリアもあれば、内陸エリアもありますので、海に近い方が良いのか、それとも内陸エリアが良いのかを決め事が必要になるのです。

所で、一戸建て物件には新築物件、中古物件が有ります。
同じ土地の広さの物件の場合、購入価格としては新築物件の方が高く、中古物件の方が安くなるわけですが、土地価格と言うものは新築であっても中古であっても同じで、違いと言うのは建物が新しいか古いかの違いになります。

建物が新しい事で販売価格は高くなり、建物が古い事で価格が安くなりますが、土地価格においては違いが無いのです。

中古の一戸建て物件の場合、建築年数が10年経過している物件と、20年経過している物件では、20年経過している物件の方が価格は安くなりますが土地についてはどちらも同じ価値を持つのです。

建築年数が経過している一戸建て物件の場合、購入後にリフォームが必要になることも有りますが、事前にリフォーム費用を計算しておく事で、新築の一戸建てを購入するよりも安く済ませる事も可能になると言った利点も有ります。”