診断基準を理解

診断基準を理解して弁護士に交通事故の相談をする

交通事故で何らかの被害を受けて怪我を受けた場合には、病院などから診断を受けて弁護士に相談して相手から慰謝料を請求しなくてはなりません。ただ、この怪我の度合いに関する診断基準に関しては大きく分けると2つの種類が存在しますので、その点に関しては分けて考えなくてはいけません。怪我の度合いを考慮して診断基準を理解することによってもらうことができる慰謝料の大きさも異なってきます。

一般的に、交通事故で怪我をした人は普通の生活ができる程度の怪我と普通の生活をおくることができない怪我と二つの種類に分類されます。まず、交通事故で怪我をした人の中でも日常生活を過ごすことに支障が生じない程度の怪我をおった人は、病院に行って治療を受け、その治療にかかった日数や費用をしっかりと計算できるように領収書や怪我の治療をしてもらった際の診断書を受け取っておく必要があります。

特に、自賠責保険はなどの強制加入の保険では治療の日数などを考慮しながら一律4200円を基準とした慰謝料金額を計算することになるので、こうした証拠があれば弁護士に相談することで簡単に慰謝料をもらうことができるようになります。そして、もう一つ重要になるのが日常生活を送ること に支障が出てしまったほどに交通事故で大きな怪我をしてしまった時です。

実は、このような場合には病院に行って診察をしてもらったあとに等級認定という怪我の度合いを認定するための機関に書類を提出して後遺障害の認定を受けなくてはいけません。日常生活を送っていく中で何らかの支障が生じる場合には、普通の慰謝料の請求でお金をもらったとしてもそのお金だけでは生活をすることができなくなってしまう可能性が出てきます。

仮に、身体機能が低下してしまっていた場合には仕事をすることができなくなってしまう可能性もありますので、そうしたことを考慮したい車両を相手から請求しなくてはなりません。そのために必要になるのは、後遺症の程度がどのくらいなのかを示す基準となる等級というものなのです。この等級認定を受ければ、交通事故に関する慰謝料については十分すぎるほどにお金をもらうことができます。

怪我の診断基準は基本的に病院でしてもらいますが、大きな怪我の場合には病院の他にもその怪我の度合いを認定してもらう機関に手続きをする必要性があることを知っておく必要があります。手続きをしっかりとしておけば認定された等級によって支払われる慰謝料金額が決まることになりますので、あとは弁護士に相談をすればしかるべき対処をしてもらえます。”