過剰診療

交通事故の損害賠償金の弁護士基準と過剰診療

交通事故により怪我をしたときに、被害者は経済的な負担を強いられるだけでなく精神的苦痛も強いられることになります。
慰謝料は損害賠償の一部を構成しているもので、加害者が被害者の精神的な苦痛を償うために賠償をするものです。
交通事故においては示談金という言葉をよく耳にします。
慰謝料と似ていますが違うものです。

示談金とは、示談交渉が被害者と加害者で妥結して実際に被害者が交通事故の損害賠償金として加害者や加害者の加入している保険会社から受けとるお金のことです。
加害者から受け取る損害賠償金の種類には休業損害や慰謝料などがあります。
慰謝料が発生するのは交通事故が原因で怪我を負い病院に通院したり入院したりした場合で、これらのときに発生する慰謝料の事を傷害慰謝料といったり、入通院慰謝料といったりします。

また交通事故が原因の怪我に治療後を施しても一向に回復の兆しが見えず、後遺症が残ったときにも慰謝料が発生し、これを後遺症慰謝料といいます。
慰謝料として認定される後遺症の事を後遺障害といい、症状の度合いによって一級から十四級までの等級が存在します。
そして交通事故が原因で死亡してしまう人が出た場合にも慰謝料が発生し、これを死亡慰謝料といいます。

交通事故の慰謝料を算出する方法には、幾つかの基準があり、弁護士基準は、被害者の依頼を受けて弁護士が慰謝料などの損害賠償金を計算をする基準のことです。
弁護士が加害者が加入している保険会社と慰謝料などの損害賠償額を話し合うのに使用します。

交通事故で怪我をしてしまったときは、病院で治療を受けることになります。
一般的には治療にかかった費用は交通事故の損害賠償金として認定されますが、治療を受ける必要性がないのに、幾つもの医療機関に通院して受診したり、診療を受けた内容がお医者さんが必要だと判断して行っている内容を明白に超えていて、医学的に必要性や合理性がないものと見なされることがあり、それらの診療のことを過剰診療と呼びます。

過剰診療であると判断されたときには、実際に負担した治療費の一部分だけしか、交通事故の損害賠償金として認定されないことがあります。
治療が必要かどうかの判断については、お医者さんと十分に相談をして診断を受けることが大切になります。
そして、お医者さんが必要な範囲を超えて丁寧な診察をする濃厚診療や、被害者が高い治療費がかかる治療方法を選んだために、治療費が高くなってしまう贅沢診療についても、一部の診療費が事故の怪我の治療費として認定できないと判断される可能性があります。”