日当たりの良い一戸建て

厚木エリアで日当たりの良い一戸建てを探す

一戸建て住宅はマンションとは異なり、土地と建物全てが所有権になる不動産です。マンションの土地は専有面積の割合で、それぞれの住居に対して土地の持分となる権利が渡されますが、この土地は自由に使う事が出来ません。

その点、一戸建て住宅の土地は建物を建て直す事も出来ると言う利点があります。因みに、一戸建て住宅には新築と中古の2つが有りますが、土地の価値についてはどちらも同じ価値が在ります。

異なる点と言うのは、土地の上に建築されている建物が新しいのか、それとも古いのかの違いに過ぎないのです。新築で建てられた一戸建て住宅も年数が経過する事で価値は下がります。しかし、土地についての価値はそのまま継承されていき、毎年公示価格で定められている土地の価値を持つのです。

厚木エリアは神奈川県の中でも人気があるエリアです。尚、厚木と言うのは相模湾沿岸地域だけではなく、寒川や伊勢原、秦野などの内陸エリアも厚木と言われています。しかしながら厚木の中でも海に近いエリアは人気も高く、他のエリアからの移住者も数多いのが特徴です。

一戸建て住宅を選ぶポイントは人それぞれではありますが、日当たりを重視する人は多いものです。最近は狭い土地を有効活用した三階建て住宅も人気が高くなっています。日照権などの問題で3階建て住宅が建築出来ないエリアもありますが、可能なエリアにおいては格安で購入出来ることからも、予算が少ない人でも夢のマイホームを手に入れることが可能になっています。

三階建て住宅で多いのは、不動産会社が大きな土地を購入した場合、その土地に建物を建築するとなると、かなりの高額物件になり、直ぐに売れないため、土地を幾つかに分割して建物をそれぞれの土地に建築すると言うもので、狭い土地でも三階建て住宅であれば複数の一戸建てを作る事が出来るのです。

中には敷地ギリギリに建物が作られ、隣家とのスペースは1メートル足らずと言った物件も多くありますが、南側などはある程度のスペースを設けているため、日当たりの確保は可能になっています。

但し、建物が上に伸びる形になるため、1階部分には太陽の光の照射は難しく、1階部分に浴室や納戸、駐車場などを作り、日当たりの良い2階や3階部分にリビングルームや寝室、そして子供部屋を設けるケースが多いのが特徴です。

十分な日当たりを得ることで、太陽の光は部屋の中に差し込みますので、冬場でも部屋の中が暖かい空間を作り出してくれるのです。”